skip to Main Content

大切なはんこを末永く使うために!印材別はんこのお手入れ方法

こだわりを持って選んだ大切なはんこ。

でも、メンテナンスの方法を知らないと寿命を短くしてしまい、本来使えるはずだった期間よりも、早く買替えることを余儀なくされてしまいます。

また、捺印時の印影が不鮮明になってしまうこともあります。

そこで、はんこを末永く使うために必要な知識をまとめました。

印鑑のお手入れ方法

Maintenanceofkurosuigyu

普段のお手入れ方法

まず大切なことは、捺印時に朱肉をつけすぎないようにすること。

そして、押すときに力を入れてグリグリと押し付けないことです。

鮮明な印影を求めるあまり、何度も朱肉につけて強く押印する人がいますが、朱肉の余計な油分が出てきてしまうだけではなく、朱肉自体が印面に詰まってしまいます。

捺印の際は、適切な量の朱肉をつけ、適度な力で押すようにしましょう。

朱肉の油分が乾燥すると手入れが難しくなるので、捺印後は速やかにティッシュや布で朱肉を拭き取ることをお忘れなく。

0050

定期的なメンテナンス

その上で、定期的なメンテナンスも必要です。

使い続けているうちに、はんこに小さなゴミやホコリがこびり付いてきます。

専用のブラシを用意して、定期的にこすってお手入れをするようにしましょう。

注意しなければならないのが、強くこすりすぎないことです。

印材によってはゴミが取れないばかりか、はんこに大きなダメージを与えてしまいます。

普段のお手入れ方法

普段のお手入れ方法

まず大切なことは、捺印時に朱肉をつけすぎないようにすること。

そして、押すときに力を入れてグリグリと押し付けないことです。

鮮明な印影を求めるあまり、何度も朱肉につけて強く押印する人がいますが、朱肉の余計な油分が出てきてしまうだけではなく、朱肉自体が印面に詰まってしまいます。

捺印の際は、適切な量の朱肉をつけ、適度な力で押すようにしましょう。

朱肉の油分が乾燥すると手入れが難しくなるので、捺印後は速やかにティッシュや布で朱肉を拭き取ることをお忘れなく。

定期的なメンテナンス

定期的なメンテナンス

その上で、定期的なメンテナンスも必要です。

使い続けているうちに、はんこに小さなゴミやホコリがこびり付いてきます。

専用のブラシを用意して、定期的にこすってお手入れをするようにしましょう。

注意しなければならないのが、強くこすりすぎないことです。

印材によってはゴミが取れないばかりか、はんこに大きなダメージを与えてしまいます。

印材別!お手入れ方法&掃除方法

次に、印材別にお手入れする際の注意点を挙げていきます。

柘(つげ)

定番の木材系印材である柘。

木だけに、朱肉の油分にじわじわとダメージを受けていきます。

その結果、耐久性が落ちてもろくなります。

極力そうならないよう、使用の度にティッシュや布で朱肉を落とすことが大切です。

→ 柘(つげ)の印鑑の材質について

黒水牛

朱肉による劣化は比較的少ない黒水牛ですが、乾燥には弱くひび割れが起きてしまう恐れがあります。

特に冬場は要注意で、暖房器具のそばに置いて保管してはいけません。

また、虫食いも見られますので、ケースでの保管を徹底しましょう。

→ 黒水牛の印鑑の材質について

オランダ水牛(牛角)

黒水牛と同じように乾燥が弱点ですので、冬場の暖房器具などには注意が必要です。

お手入れをする際に重宝するのがオリーブオイルなどの天然オイルです。

印面に数滴垂らしたあと、軽く拭き取ると見違えるようにきれいになります。

→ オランダ水牛(牛角)の印鑑の材質について

チタン

劣化しにくい素材のチタン。

このチタンを使ったはんこは、水やサビに強く、表面にも傷がつきにくいため、お手入れがしやすい印材といえます。

ただし、捺印後に朱肉を拭き取らずにいると、ホコリが固まり、印影が不鮮明になるため、最低限のお手入れは必要です。

水洗いなどもおすすめです。


はんこの保管方法

タンスの奥にしまった洋服を取り出してみたら、虫食いで着られない。

そんな経験はありませんか? 実ははんこにも虫がつくことがあります。

黒水牛などの印材が含む動物性たんぱく質は、服を食べる害虫「カツオブシムシ」の好物です。

ケースに入れておくことで虫食いを防ぐことが可能です。

印鑑の教科書は、印鑑作成の激安通販 はんこ森が運営しております。

Back To Top