skip to Main Content

会社の印鑑と署名

1会社の印鑑の種類 実印を含め会社で使われるハンコは、そこに刻まれる名義により、大きく「職印」と「組織印」とに分けることができます。種類に分かれます。 「職印」とは、ある職にいる者の職務上用いられる。その職名を刻んだ名をいいます。 会長印、社長印、部長印などが…

続きを読む

印と法律

法律と印の押し方 印が法律上現れるのは、民法、刑法、商法、不動産登記法、商業登記法と色々あります。 印が法律上、どのような場合に押されるのか、その印の種類はどんなものか、条文などを押さえて考えましょう。 1民法において 民法での親族相続編に規定されているものは…

続きを読む

登録印、銀行印

登録印(実印)の登録 登録印は印の所有者が役所に提出して登録するものを言います。その要件は、登録者に住民登録または外国人登録があり、15歳未満でないこと、禁治産者でないことであります。 登録は印影が大事なので、押すことに注意が払われます。 登録印は法律上、不動…

続きを読む

印鑑を登録できる資格

印鑑を登録できる資格 住民登録のある者または外国人登録のある者で、15歳以上、禁治産者でない者を、印鑑登録ができる権利のある者としました。 これは民法と関係しています。 15歳という年齢は養子の規定などを見てわかるように、物事の識別能力がある年齢です。 印鑑登…

続きを読む

この違いは何?署名と記名&捺印と押印!ホントの意味をお教えします

はんこは、さまざまな契約ごとに関わってくるものです。「契約」というと、ビジネス的な言い方と思われるかもしれませんが、携帯電話を手配したり、部屋を借りたり、クレジットカードを作ったりと、日常さまざまなところに存在します。 こうした契約時、ふと疑問に思ったことはあ…

続きを読む

大切なはんこを末永く使うために!印材別はんこのお手入れ方法

こだわりを持って選んだ大切なはんこ。 でも、メンテナンスの方法を知らないと寿命を短くしてしまい、本来使えるはずだった期間よりも、早く買替えることを余儀なくされてしまいます。 また、捺印時の印影が不鮮明になってしまうこともあります。 そこで、はんこを末永く使うた…

続きを読む

サイズ、書体、印材に注目!適切なはんこの選び方とは?

実印、認印、銀行印、社印。はんこにはたくさん種類があります。 さらに、その種類ごとにふさわしいサイズや印材、書体なども異なります。 ここでは、はんこの種類別にどのようなものを選んだら良いのかご紹介します。 はんこの種類とサイズから選ぶ 「はんこ」と一口にいって…

続きを読む

実印に最適なサイズはコレ!? 男女でサイズの違いはあるの?

市区町村役所など地方公共団体へ印鑑登録を行って、印鑑証明を受けた印章のことを「実印」といいますね。 自分の分身のようなものですから「素敵な実印を作りたい」と誰もが思うものです。 でもはんこ屋さんを訪れて、はたと気づきます。 「実印ってどんなサイズで作ればいいん…

続きを読む

これから起業したい人必見!押さえておきたい社印のあれこれ

社印は大きく3つに分けられる 「これから会社を起こそう」という人は、社印を必ず用意しなければなりません。 そもそも社印とは会社で使うハンコの総称で、「実印(代表印)」「銀行印」「角印」の大きく3つの種類に分けられます。 会社の実印(代表印) 会社を設立する際に…

続きを読む

実印を紛失したら!?ベストな対処法と注意すべきリスク

いざというときに、はんこを使おうと思ったら、「おかしい、どこにもない!」と慌ててしまう人は少なくないでしょう。 毎日のように使っていれば、そのようなケースはあまりないでしょうが、頻繁に使わないときは「どこにしまったかな?」とわからなくなることがありますね。 で…

続きを読む
Back To Top