skip to Main Content

はんこの寿命が決まる!?定期的に必要なメンテナンス

いきなりですが、印鑑ケースに入ったはんこを取り出して、印面を見てみてください。

もしかして、朱肉がたっぷりついたまま保管していませんでしたか?

もしくはふき取ったティッシュがこびりついていたり。

実はこれ、はんこにとってもあなたにとっても、決してよい状態ではないのです。

そこで、今回は大事なはんこに長寿をまっとうしてもらうためのポイントをご紹介。

きちんとメンテナンスすると金運だって上がるんです!

さあ、さっそく試しましょう。


管理の基本は「使ったらすぐ拭く」奥の手は、使い古しの歯ブラシ!

印面に汚れが付着していると、そもそもきれいな印影が出てきません。

硬くこびりついてしまった朱肉やティッシュのカスが印面に凹凸を作ってしまうからです。

また朱肉の成分には油分が含まれていますから、朱肉をそのままにすると印面自体がもろくなってしまいます。

たとえ面倒でも、一度使ったら必ず柔らかい紙や布(カスが付着しないならばティッシュでも問題ありません)で丁寧に朱肉をふき取るようにしましょう。

日ごろからこまめにふき取っていれば、ガンコな汚れは付着しにくいものですが、汚れたまま長年放置したままになっている場合は、ちょっとやそっとの拭き方では汚れが取り切れないこともあります。

そんなときの奥の手は、使い古しの歯ブラシ!

歯ブラシにせっけんを付けて、印面をこすってあげましょう。

力任せにゴシゴシするとデリケートな印面を傷つけたり、部分的に欠けてしまったりしますので、あくまでも優しくソフトに。

ただし、ツゲは水につけると強度が下がってしまうので水洗いは避けましょう。

それでも落ち切らない難易度ハイレベルの汚れについては、プロに相談したほうがよいでしょう。

最寄りのはんこ取扱店に持ち込むと、朱肉汚れを落とせる洗浄剤でケアしてくれるはずです。

もっとも、適度な朱肉汚れは、はんこの個性にもなってくれるので、几帳面になりすぎるのも考えもの。

象牙や牛角は長年使用していくと上品な黄ばみが表れてきます。

印面の周りに染みこんだ朱は品のある美しさにもつながるので、そういう味わいが得られるほど長く使いこんであげたいものです。


専用ケースで大事に保管を!はんこのヒビに注意!?

はんこをメンテナンスし終えたら、次は保管への気配りを。

はんこは、どのような印材であっても、必ず専用のケースに入れて保管するようにしてください。

一見してそう見えないかもしれませんが、象牙や牛角、ツゲはどれも生きている素材です。

動物や植物由来の素材ですから当然ですね。

こうした印材でできたはんこをケースに入れずにそのまま放置しておくと、どんなことが起きるのでしょうか?

なんと、ヒビが入ったり、変形してしまう可能性が高くなるのです!

特に夏場、冬場といったエアコンを多用する季節は要注意です。「だったらエアコンの風や外気に触れないように、タンスにしまえばケースはいらないのでは?」なんて思ってはいけません。

タンスにだって落とし穴はあるのです。

タンスの中には衣類に付着する虫がいたりします。

純白のものや色付きのはんこ、また黒水牛などの牛角でできた素材は、虫たちの好物。

いざ使おうと思ったら虫が印面を食べ荒らしていた…なんてことだって起きるのです。

人間が家に帰ると雨風をしのげて安心できるように、はんこにも外気や虫から守ってあげられる寝床をきちんとそろえてあげてください。

また、はんこをうっかり落としてしまわないように、ケースへの出し入れの際は細心の注意をはらってください。

特に象牙は、牛角などに比べて強度は強くないため、ちょっとした衝撃で欠けてしまったりします。

高価なものだけに、そんな不注意でサヨウナラすることなく長寿でいてほしいものです。


置き場所ひとつで金運アップ!方位に気を配るとよりベター!

大事にすると、はんこだって何かお礼がしたくなるというもの。

きちんと手入れし大事に保管してあげれば、なんと金運がアップすると言われているのです。

風水では、お金は暗い場所を好むとされています。

したがって、引き出しの中の暗い場所にきちんと置いてあげるだけで、はんこがお金を招いてくれるのだとか。

さらに保管する方位にも気を配るとベター。

最も理想的なのは財方と呼ばれる玄関の位置で変化する金運アップ方位に置くことです。

玄関に対しての財方は、北に玄関があれば財方は東・西南。

同じように東北/東南、東/北・西南、東南/東・西南、南/東南、南西/西、西/北・東南、西北/東・南となっています。

もし自分の財方がわからない場合は西北、そこも難しければ東北、それでも置けないならば北という優先順位で保管場所を探してみてください。

西北はお金をとどまらせやすい方位だそうで、東北は貯蓄・蓄積に良い影響があるとされています。

そして北は、金運全体を上昇させてくれるようです。

保管場所が決まったら、はんこを黒い布で包みましょう。

黒いケースであれば手っ取り早いですが、すでに持っているケースが違う色の場合、黒い布でケースごと包んであげるとよいでしょう。

黒にはお金を貯めやすくなるパワーがあるそうです。

一方で、よくない保管場所もあります。

それは、火気の回り。火の気によって金運が燃えてしまうのだそうです。

家でいえばコンロなどがあるキッチンが危険エリアになるでしょう。

たかが保管、されど保管。

きちんと扱ってあげて、はんこにも人間にも幸せな環境でいられますように。

印鑑の教科書は、印鑑作成の激安通販 はんこ森が運営しております。

Back To Top