skip to Main Content

会社の印鑑と署名

1会社の印鑑の種類 実印を含め会社で使われるハンコは、そこに刻まれる名義により、大きく「職印」と「組織印」とに分けることができます。種類に分かれます。 「職印」とは、ある職にいる者の職務上用いられる。その職名を刻んだ名をいいます。 会長印、社長印、部長印などが…

続きを読む

印と法律

法律と印の押し方 印が法律上現れるのは、民法、刑法、商法、不動産登記法、商業登記法と色々あります。 印が法律上、どのような場合に押されるのか、その印の種類はどんなものか、条文などを押さえて考えましょう。 1民法において 民法での親族相続編に規定されているものは…

続きを読む

登録印、銀行印

登録印(実印)の登録 登録印は印の所有者が役所に提出して登録するものを言います。その要件は、登録者に住民登録または外国人登録があり、15歳未満でないこと、禁治産者でないことであります。 登録は印影が大事なので、押すことに注意が払われます。 登録印は法律上、不動…

続きを読む

印鑑を登録できる資格

印鑑を登録できる資格 住民登録のある者または外国人登録のある者で、15歳以上、禁治産者でない者を、印鑑登録ができる権利のある者としました。 これは民法と関係しています。 15歳という年齢は養子の規定などを見てわかるように、物事の識別能力がある年齢です。 印鑑登…

続きを読む
Back To Top